タクシー予約拒否と配車アプリ

過日,私用でとある場所まで出かけることになりました。
電車で行くのがちょっと面倒な場所なのでタクシーを使おうかと思い,事前に予約をとろうして何社かに問い合わせたのですが,すべて断られました。すでにその日は予約で埋まっている,ということではなく,利用日より前の「事前予約」は受けられなくなったという「予約拒否」です。
以前はそんなこと言われたこともなく,実際に,たとえば「明日の10時にお願いできますか?」と言えば,どこも応じてくれました。

で,そのとき電話したタクシー会社側の言い分は,どこもほぼ同じで以下の通り

「システムが変わって,当日でないと配車予約は出来なくなった」
「15分から20分前に電話をいただければ,お近くを走行している車を無線で配車する」

これだと,もし「お近く」に車がなければ利用できないということになるのですが,それを質すと,何と

「その通りだが,実際にはそういうケースはほとんどない」

という,何を根拠にそう言ってるのかわからない回答。
「公共交通機関」と自称1)私はそうとは思っていないしてるくせに,まあ近くにクルマがあれば乗せてやってもいいよ,という傲慢な態度が見え隠れしてて,非常に不愉快です。

何でこんなことになってしまったのかはわかりませんが,どうやら「タクシー配車アプリ」のシステムに合わせるため,ではないかと思っています。
実際にこの種のアプリでは,数日前からの予約ができるのですが,それは「車両の確保」ではなく,上記の「15分から20分前に電話」が「数日前までのアプリへの入力」に変わっているだけです。
しかもアプリの場合「乗車場所」と「降車場所」を最初に提示する必要2)降車場所の指定は必須ではないようですが,これを見てタクシー会社または運転手が配車に応じるかどうかを判断する可能性があるがあるため,タクシー会社側がワンメーターの客を排除することも可能,さらにこれが普及すれば電話受付を止められる,とタクシー会社にはメリット多数です。
この種の配車アプリに関しては数年前にもいくつか試したことがあるのですが,美原(堺市)で,まったく使えなかったということがあったため,利用をやめました。しかし今回,このような状況となってしまったので,しぶしぶ「GO」というアプリをダウンロードして使ってみることにしました。
で,その結果ですが,以前よりはかなり改良が加えられたのか,あるいは「参加」するタクシー会社が増えたのか,数分後に「配車完了」に通知が来て,それから5分程度で指定場所に来てもらうことが出来ました。以前と比較すると格段の差です。
運賃も登録したクレジットカードで払うので,降車時の精算の煩わしさもありません。まだ2回しか使ってませんが,あとは美原で使えるかどうか3)個人的には重要で継続利用するかどうかを決めたいと考えています。
ちなみに以前,美原=堺市美原区で利用できなかったのは,堺市に編入されたにもかかわらず美原区の営業区域が「大阪市域交通圏」ではなく「河南B交通圏」4)「河南」は河内南部の意味。同じく「河北」という名称もある。のままに放置されているのが理由だったようです。現時点ではどうなってるかは知りませんが,このアプリでは美原が排除されているようには見えません。

なお,帰宅時には2台のタクシーを確保する必要があったのですが,「GO」では複数台の予約が出来ないため,前述のタクシー会社に「今から2台お願いします」と電話したところ,自身が「ほとんどない」と言われるケースで断られました。結局,このときは「流し」を捕まえることで事なきを得ましたが,このようなウソを平気でつく会社は二度と利用しないことにします。「GO」には特定のタクシー会社を排除する機能もついているようですし。

References
1 私はそうとは思っていない
2 降車場所の指定は必須ではないようですが,これを見てタクシー会社または運転手が配車に応じるかどうかを判断する可能性がある
3 個人的には重要
4 「河南」は河内南部の意味。同じく「河北」という名称もある。

コメント

  1. JE1SGH 1RO より:

    家族のものが,タクシーアプリで予約完了していたのに,タクシーに乗車する予定の駅に着いた頃タクシー会社側から一方的にキャンセルされていたそうです.こちらのような過疎地では気候や時間帯によっては下手すると命にも関わるので困ったものです.

    • JG3QQK より:

      勝手に予定到着時刻よりも早く来て,客がいないとそのままいなくなる,というケースはあるようです。
      広義での「乗車拒否」なので,当該のタクシー会社にクレームを入れておきましょう。